無料ホームページなら お店のミカタ - 

榊原タタミ店 【公式サイト】 | 日記 | ◇◆ヘリなし畳◇◆


MAP


大きな地図で見る

お知らせ

2018/10/30

きらまつり 11月10日(土)・11日(日) 当店も出店します(^^)/

2018/10/30

愛知県畳まつり 10月15日 ~ 12月15日 畳替で1万円が当たるチャンスです

2018/04/18

4月28日(土)CBCテレビ「花咲かタイムズ」で当店が紹介されます!

住所・TEL

住所
〒444-0521
愛知県西尾市吉良町上横須賀池端143

TEL
0563-35-0162

最新のツィート


    榊原タタミ店 【公式サイト】 日記

    TOP > 榊原タタミ店 【公式サイト】 日記 > ◇◆ヘリなし畳◇◆

    ◇◆ヘリなし畳◇◆ (2007.07.31)

    最近の新築住宅で流行っている畳は

    人気の『ヘリなし畳』です!

    本格的な和室に施工しました。

    (画像クリックで拡大します)





    半畳サイズの市松敷きです。



    畳を縦・横に敷き込んでいるので採光により市松に色が変わって見えます。

    へりが無いのでスッキリしています。

    『へりなし畳』半畳の市松敷きは
    お洒落でちょっと贅沢ですが、お客様のご希望で施工させて頂きました。


    建築施工  ナガヤホームさん
    幡豆郡吉良町大字下横須賀字須67-2
    ℡ 0563-35-2357


    ※畳の豆知識※
    昔は、お座敷には『へり付き畳』の『びんご畳表』が高級品で
    居間には丈夫でお値打ちな『ヘリなし畳』が使われました。
    (昔のヘリなし畳は七島表 (琉球畳)この地方では野郎畳と言われていました。)
    昔の畳はすべて手縫いだったので、手間と技術が必要な『へり付き畳』が高級品でした。現在では機械縫いでも手作業が多く技術と知識が必要な『ヘリなし畳』が高級品になっています。
    日本のことわざ
    『女房と畳は新しい方がよい』
    辞書では「妻と畳の新しいのは新鮮な気分がしてよいものだということ。」とありますが、
    昔の畳は高価で贅沢品だったため甲斐性がある方が言ったのが始まりだと思います。

    へりなし 目積畳 琉球畳 >詳しくはコチラ

    日記 一覧へ戻る


    このページのトップへ

    【PR】 柳川コンタクトレンズ鵜飼鉄工所馬場建設BIKE SHOPのネット販売部BIKEツーハンカーファクトリー ミシナ